• HOME
  • 朝雲法律事務所が選ばれる理由

朝雲法律事務所が選らばれる理由 ①申立にとどまらない、+αのサービス&情報提供

0093.jpg  

朝雲法律事務所では、単なる破産手続きの代行にとどまらず、それ付加するサービス、情報の提供、手続負担を軽くするためのサポートを心がけております。

 

会社・法人・個人事業主の皆様の場合

会社の事業終了に伴う手続きに関するサービス

会社破産は会社の事業の終わりを意味しますので、事業終了に伴う不可欠の作業があります。

 

例えば、従業員を雇っている場合、解雇の方法(従業員に対する解雇通知、予告手当の支払い、労働組合がある場合の組合との話し合い)、解雇に伴う必要な手続き(離職票の交付)、社会保険の手続き(資格喪失届、全喪届)、税金(源泉徴収税の納付、従業員の市県民税の特別徴収から普通徴収への異動届)、労災保険の確定申告、破産に伴う経理、確定申告、給与立替制度利用の準備などです。また、その外細かいものですが、事務所の退去に伴う郵便物の転送届、電力会社などへの連絡などがあります。

 

当事務所では、これらについて、豊富な情報を持ち、有益なアドバイスが可能です。


会社継続か事業終了か悩んでいる方へのアドバイス

借金の支払いについて悩んでいても、会社を続けるか、破産をするかの判断はそう簡単にできるものではありません。会社を続けるかどうかは、最終的には経営者の方の判断にかかってきます。当事務所ではそれに関して参考となるアドバイスをすることができます。

 

会社の決算書を見させていただきながら、会社が利益を生む体質なのか、会社を続けることによりお金が手元に残っているのか流出しているのか、銀行支払いの猶予により会社継続することが可能か、会社破産に伴う不利益は何かなど、いくつかの指標に基づいて、破産するか否かの判断のアドバイスをさせていただきます。


破産以外の方法に関してアドバイス

借金に支払いが困難になっている会社においては、破産以外にもいくつかの方法があります。例えば、営業を続けたい場合は、銀行との話し合い(リスケジュールや借換え)や中小企業支援協議会を通じた再建などの方法もありますし、裁判所を通じて民事再生、会社更生をする方法もあります。このような各手続きは、かかる費用、その手続に適合する会社規模、長所・短所が全く違います。そのような破産以外の方法について、費用、会社の状況に応じた向き不向き、各手続きの良い点、悪い点などのアドバイスができます。


個人の皆様の場合

資料収集のお手伝い

 

破産には実に細かい作業が必要です。書類に書き込みをしたり、必要な添付資料を集めたりしないといけません。

 

こういった、細かい作業がスムースにできるかどうかは、ストレスなく破産手続きを進められるかのポイントになります。細かい作業でもなるべくスムースに進めることが、ただでさえストレスを抱えている依頼者の破産に対するストレスの軽減になります。

 

車の査定がどこでできるか、不動産登記簿を取る時のポイント(法務局の管轄、地番の調べ方)など、破産手続をスムースに進めるうえで必要な情報を提供し、準備に伴うストレスを軽くすることに努めます

 

破産に伴う不利益についての情報提供

破産に伴う不利益については、残念ながらいくつかあると言わざるを得ませんが、それらについて、信用情報機関掲載のルール、破産に伴い制限される資格や職業の具体的な指摘など、依頼者様の知りたい情報の提供にできる限り努めます。

 

破産以外の方法に関するアドバイス

借金問題の解決方法としては、破産以外に、任意整理、個人再生、特定調停、あるいは時効の主張など、様々なことが考えられます。

 

どの手続が向いているか、あるいはどの手続においてより多くのメリットがあるかについては、その方が置かれている状況により違いますが、弁護士は多くの経験から、それぞれの方にどの手続が一番適しているか、アドバイスができます

 

また、破産と個人再生、任意整理との違いについても当事務所オリジナルの資料で分かりやすく説明することができます。

 

朝雲法律事務所が選らばれる理由②明瞭な料金体系と無料の初回相談

当事務所は債務整理・借金問題・法人破産に関する法律相談は無料です。また、当事務所の弁護士費用は、福岡県内で他の事務所に比べ低い水準です。

 

弁護士費用の分割も受けております

費用はこちらからご覧ください。

  00540004.png

 

  

朝雲法律事務所が選らばれる理由③95%以上が「非常に満足」していると回答した事件処理

当事務所にご依頼いただくケースは実に様々な内容をふくみますが、多くの方が前向きな気持ちになって事務所を後にされます。現在事務所では、弁護士・スタッフの対応や実務における品質向上を目指し、ご相談にいらした方々にアンケートをとらせていただいております。その中で、現在これまでにいただいたアンケートでは実に95%以上の方が「満足している」とお答えいただいております。

 

そんな皆様に勇気を与えられるような業務を取り組んでいます。

 

アンケートにおいては、具体的には

「細かい説明で、きちんと理解でき、長年の悩みから解放された。」

「丁寧に対応してもらい、安心して任せられた。」

「料金が良心的でよかった。」

「誠実で、親身になって対応してもらった。」

など、様々なお言葉をいただいており、これは皆様に、当事務所が、親切、丁寧、誠実な事件処理を心がけている点を理解していただいた結果だと信じております。

 

詳しくは、各解決事例下部のお客様の声をご覧ください。

朝雲法律事務所が選らばれる理由④450件以上の債務整理、1000名以上の相談者と対峙した実績

弁護士朝雲が受任した債務整理案件(相談のみで終了したものなどは除きます)は、個人様、法人・会社・個人事業主様あわせて450件超になります(この数値は、弁護士一人が担当した件数であり、他の事務所のように複数の支店事務所、複数の弁護士をトータルした数ではありません。)。

 

このほかJCCA(日本クレジットカウンセリング協会)相談担当弁護士として任意整理に携わった件数も100件近くあります。

 

 

経験の豊富さは、件数の多さだけでの問題ではありません。多様な案件を扱ったことも強みです。

  00420002.png

個人様の場合、依頼者の年齢、家族構成、職種、債権者数、債務額は様々です。借金の理由も様々(生活費や子供の養育費などはもちろん、住宅ローン、親族の保証人、配偶者の浪費、海外事業のための渡航費、職場での人間関係による鬱、投資詐欺、宗教被害など)で、免責不許可事由のある場合の内容も様々(浪費、ギャンブルであればパチンコ、ネットカジノ、競艇、競馬など、あるいは、FX、株などの投資、ネットワークビジネス、エステ、ゴルフ接待、ミュージシャンのコンサート、ショッピング枠の現金化など)です特殊な事例で、特別な調査などが必要な事案(相続した債務があった事例、債権者死亡のため債権者の相続人調査が必要だった事例、依頼者が認知症で成年後見申立した事例など)もあります。

 

会社・法人・個人事業主様の場合、取り扱った案件は、業種は、建設業、小売・卸業、製造業、サービス業、不動産売買業など様々です。事業規模、従業員数、債権者の数、債務総額も様々です。会社が直面している問題も様々(解雇についての問題に直面している事例、賃金未払いのある事例、退職金未払いのある事例、事務所明渡費用の捻出に苦慮している事例、賃借している土地の自社所有建物の収去が必要な事例、売掛金回収が問題となっている事例、破産費用ねん出に苦慮している事例、立退き費用がないため営業譲渡をした事例、労働組合への対応が必要な事例、海外の会社に債務を負っている事例などです。会社不動産の有無、会社財産の種類(自動車、トラック、各種会員権、業界団体への保証金など)、従業員の有無など事情も様々です。個人事業主の場合、事業を続けながらの破産と、事業を終了しての破産があります。

 

また、弁護士朝雲は民事再生法の施行後、平成12年4月に九州で初めての民事再生申立事件の申立代理人を務めました。このような豊富な実績により、適格な案件処理、有益なアドバイスが可能です。


朝雲法律事務所が選らばれる理由⑤明るい相談室と分かりやすい説明で不安にさよなら!

破産や債務整理を依頼される方は、その多くがそのような手続きを初めて取られます。あるいは、過去にそのような経験があっても、何年か、何十年か前のことで詳しいことは覚えていない方も多いです。

 

このように初めて、または、過去の経験から長期間たってあまり覚えていない方にとっては、破産、債務整理などの手続きの流れや仕組み、手続きを取ることのメリット、デメリットなどがわからないと不安が生じると思います。

 

当事務所では、手続きを取るときに伴う不安を少しでも和らげるために、わかりやすく手続きの内容、流れ、メリット、デメリットを説明するように努めております。そのために説明用のオリジナルの資料をご用意しております。多くの法律事務所、司法書士事務所では破産や債務整理の手続きの説明は、口頭だけで行われますが、当事務所は、オリジナルの資料を使用するうえ、資料の中での説明は、図や表を多く取り入れてなるべくわかりやすく作っております。また、資料はそのままお持ち帰りいただけますので、自宅などで見返して、手続きの流れを再確認できます。また、破産、債務整理などで出てくる用語は法律用語で、時に分かりにくい場合もありますが、なるべく日常で使われる言葉を使ってわかりやすく作成しております。


朝雲法律事務所が選らばれる理由


 

① 申立にとどまらない、+αのサービス&情報提供

朝雲法律事務所では、単なる破産手続きの代行にとどまらず、それ付加するサービス、情報の提供、手続負担を軽くするためのサポートを心がけております。

0093.jpg

会社・法人・個人事業主の皆様の場合

会社の事業終了に伴う手続きに関するサービス

会社破産は会社の事業の終わりを意味しますので、事業終了に伴う不可欠の作業があります。

 

例えば、従業員を雇っている場合、解雇の方法(従業員に対する解雇通知、予告手当の支払い、労働組合がある場合の組合との話し合い)、解雇に伴う必要な手続き(離職票の交付)、社会保険の手続き(資格喪失届、全喪届)、税金(源泉徴収税の納付、従業員の市県民税の特別徴収から普通徴収への異動届)、労災保険の確定申告、破産に伴う経理、確定申告、給与立替制度利用の準備などです。また、その外細かいものですが、事務所の退去に伴う郵便物の転送届、電力会社などへの連絡などがあります。

 

当事務所では、これらについて、豊富な情報を持ち、有益なアドバイスが可能です。


会社継続か事業終了か悩んでいる方へのアドバイス

借金の支払いについて悩んでいても、会社を続けるか、破産をするかの判断はそう簡単にできるものではありません。会社を続けるかどうかは、最終的には経営者の方の判断にかかってきます。当事務所ではそれに関して参考となるアドバイスをすることができます。

 

会社の決算書を見させていただきながら、会社が利益を生む体質なのか、会社を続けることによりお金が手元に残っているのか流出しているのか、銀行支払いの猶予により会社継続することが可能か、会社破産に伴う不利益は何かなど、いくつかの指標に基づいて、破産するか否かの判断のアドバイスをさせていただきます。


破産以外の方法に関してアドバイス

借金に支払いが困難になっている会社においては、破産以外にもいくつかの方法があります。例えば、営業を続けたい場合は、銀行との話し合い(リスケジュールや借換え)や中小企業支援協議会を通じた再建などの方法もありますし、裁判所を通じて民事再生、会社更生をする方法もあります。このような各手続きは、かかる費用、その手続に適合する会社規模、長所・短所が全く違います。そのような破産以外の方法について、費用、会社の状況に応じた向き不向き、各手続きの良い点、悪い点などのアドバイスができます。


個人の皆様の場合

資料収集のお手伝い

 

破産には実に細かい作業が必要です。書類に書き込みをしたり、必要な添付資料を集めたりしないといけません。

 

こういった、細かい作業がスムースにできるかどうかは、ストレスなく破産手続きを進められるかのポイントになります。細かい作業でもなるべくスムースに進めることが、ただでさえストレスを抱えている依頼者の破産に対するストレスの軽減になります。

 

車の査定がどこでできるか、不動産登記簿を取る時のポイント(法務局の管轄、地番の調べ方)など、破産手続をスムースに進めるうえで必要な情報を提供し、準備に伴うストレスを軽くすることに努めます

 

破産に伴う不利益についての情報提供

破産に伴う不利益については、残念ながらいくつかあると言わざるを得ませんが、それらについて、信用情報機関掲載のルール、破産に伴い制限される資格や職業の具体的な指摘など、依頼者様の知りたい情報の提供にできる限り努めます。

 

破産以外の方法に関するアドバイス

借金問題の解決方法としては、破産以外に、任意整理、個人再生、特定調停、あるいは時効の主張など、様々なことが考えられます。

 

どの手続が向いているか、あるいはどの手続においてより多くのメリットがあるかについては、その方が置かれている状況により違いますが、弁護士は多くの経験から、それぞれの方にどの手続が一番適しているか、アドバイスができます

 

また、破産と個人再生、任意整理との違いについても当事務所オリジナルの資料で分かりやすく説明することができます。

②明瞭な料金体系と無料の初回相談

 

当事務所は債務整理・借金問題・法人破産に関する法律相談は無料です。また、当事務所の弁護士費用は、福岡県内で他の事務所に比べ低い水準です。

 

弁護士費用の分割も受けております

00540004.png  


③95%以上が「非常に満足」していると回答した事件処理

当事務所にご依頼いただくケースは実に様々な内容をふくみますが、多くの方が前向きな気持ちになって事務所を後にされます。現在事務所では、弁護士・スタッフの対応や実務における品質向上を目指し、ご相談にいらした方々にアンケートをとらせていただいております。その中で、現在これまでにいただいたアンケートでは実に95%以上の方が「満足している」とお答えいただいております。

 

そんな皆様に勇気を与えられるような業務を取り組んでいます。

 

アンケートにおいては、具体的には

「細かい説明で、きちんと理解でき、長年の悩みから解放された。」

「丁寧に対応してもらい、安心して任せられた。」

「料金が良心的でよかった。」

「誠実で、親身になって対応してもらった。」

など、様々なお言葉をいただいており、これは皆様に、当事務所が、親切、丁寧、誠実な事件処理を心がけている点を理解していただいた結果だと信じております。

 

詳しくは、各解決事例下部のお客様の声をご覧ください。

④450件以上の債務整理を手がけ、1000名以上の相談者と対峙した実績

弁護士朝雲が受任した債務整理案件(相談のみで終了したものなどは除きます)は、個人様、法人・会社・個人事業主様あわせて450件超になります(この数値は、弁護士一人が担当した件数であり、他の事務所のように複数の支店事務所、複数の弁護士をトータルした数ではありません。)。

 

このほかJCCA(日本クレジットカウンセリング協会)相談担当弁護士として任意整理に携わった件数も100件近くあります。

 

 

経験の豊富さは、件数の多さだけでの問題ではありません。多様な案件を扱ったことも強みです。

  00420002.png

個人様の場合、依頼者の年齢、家族構成、職種、債権者数、債務額は様々です。借金の理由も様々(生活費や子供の養育費などはもちろん、住宅ローン、親族の保証人、配偶者の浪費、海外事業のための渡航費、職場での人間関係による鬱、投資詐欺、宗教被害など)で、免責不許可事由のある場合の内容も様々(浪費、ギャンブルであればパチンコ、ネットカジノ、競艇、競馬など、あるいは、FX、株などの投資、ネットワークビジネス、エステ、ゴルフ接待、ミュージシャンのコンサート、ショッピング枠の現金化など)です特殊な事例で、特別な調査などが必要な事案(相続した債務があった事例、債権者死亡のため債権者の相続人調査が必要だった事例、依頼者が認知症で成年後見申立した事例など)もあります。

 

会社・法人・個人事業主様の場合、取り扱った案件は、業種は、建設業、小売・卸業、製造業、サービス業、不動産売買業など様々です。事業規模、従業員数、債権者の数、債務総額も様々です。会社が直面している問題も様々(解雇についての問題に直面している事例、賃金未払いのある事例、退職金未払いのある事例、事務所明渡費用の捻出に苦慮している事例、賃借している土地の自社所有建物の収去が必要な事例、売掛金回収が問題となっている事例、破産費用ねん出に苦慮している事例、立退き費用がないため営業譲渡をした事例、労働組合への対応が必要な事例、海外の会社に債務を負っている事例などです。会社不動産の有無、会社財産の種類(自動車、トラック、各種会員権、業界団体への保証金など)、従業員の有無など事情も様々です。個人事業主の場合、事業を続けながらの破産と、事業を終了しての破産があります。

 

また、弁護士朝雲は民事再生法の施行後、平成12年4月に九州で初めての民事再生申立事件の申立代理人を務めました。このような豊富な実績により、適格な案件処理、有益なアドバイスが可能です。


⑤明るい相談室と分かりやすい説明で不安にさよなら!

破産や債務整理を依頼される方は、その多くがそのような手続きを初めて取られます。あるいは、過去にそのような経験があっても、何年か、何十年か前のことで詳しいことは覚えていない方も多いです。

 

このように初めて、または、過去の経験から長期間たってあまり覚えていない方にとっては、破産、債務整理などの手続きの流れや仕組み、手続きを取ることのメリット、デメリットなどがわからないと不安が生じると思います。

 

当事務所では、手続きを取るときに伴う不安を少しでも和らげるために、わかりやすく手続きの内容、流れ、メリット、デメリットを説明するように努めております。そのために説明用のオリジナルの資料をご用意しております。多くの法律事務所、司法書士事務所では破産や債務整理の手続きの説明は、口頭だけで行われますが、当事務所は、オリジナルの資料を使用するうえ、資料の中での説明は、図や表を多く取り入れてなるべくわかりやすく作っております。また、資料はそのままお持ち帰りいただけますので、自宅などで見返して、手続きの流れを再確認できます。また、破産、債務整理などで出てくる用語は法律用語で、時に分かりにくい場合もありますが、なるべく日常で使われる言葉を使ってわかりやすく作成しております。


自己破産についてもっと詳しく知りたい方はこちら

自己破産をお考えの方へ 自己破産に関する考え方 自己破産を防ぐために
自己破産のメリット 自己破産のデメリット 自己破産手続きに関して
手続きに必要な書類とは 弁護士に依頼する前に 自己破産以外の方法とは



ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。