破産申立書・免責許可申立書

破産申立書・免責申立書は、簡単に言うと自己破産の申し込み書のようなものです。各地方裁判所で用意されているひな形に必要事項を記入します。
 
実際に記入しなければならない項目は申立人の基本的な情報ですので、特に問題なく記載することができます。具体的には“名前”、“生年月日”“住所”くらいです。
 
現住所と住民票上の住所が同じ場合は、住所は書かなくていいですが、違う方は、現住所を書かなければいけませんので、注意が必要です。
 

各項目の記載の確認

日付欄

書類を記入した日付けを記入します
 

印紙・郵券

郵便局にて購入しますが、弁護士に依頼した場合は、お預かりした実費から準備いたします。
 

氏名

住民票に記載されている正式な氏名を記載します。
 

生年月日

住民票に記載されている正式な生年月日を記載します
 

住所

現住所と住民票上の住所が違う場合は現住所を書かないといけませんが、同じ場合は、別添住民票のとおりのところにチェックを入れればいいです。


手続きには不安がつきものです。少しでもわからないこと、悩んでいること、不安なことがありましたら、お気軽に当事務所までご連絡ください。
勇気を出して相談し、弁護士と共に借金問題を早に解決しましょう。あなたの人生の再スタートをお手伝いいたします。

手続きに必要な書類についてもっと詳しく知りたい方はこちら

免責許可申立書
陳述書
財産目録
債権者一覧表
家計表
疎明資料


自己破産についてもっと詳しく知りたい方はこちら

自己破産をお考えの方へ 自己破産に関する考え方 自己破産を防ぐために
自己破産のメリット 自己破産のデメリット 自己破産手続きに関して
手続きに必要な書類とは 弁護士に依頼する前に 自己破産以外の方法とは



ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。