自動車の名義の調査

 自動車などの資産は、手放さずに管財人に引き渡し、換金して、債権者への配当に回してもらうのが通常です。

 しかし、やむを得ない事情により、すでに車を手放している場合があります。

 この場合、車検証の所有者、使用者の名義は、破産する以上は、きちんと他人に移っていることが重要です。

 多くの場合は、そのような心配はいらないとは思いますが、移っていない恐れがある場合に限っては、調べたほうがいいでしょう。
 
 自動車は、普通車は運輸局(福岡市であれば東区千早)、軽自動車は軽自動車検査協会(福岡市であれば東区箱埼)が管轄しています。

 運輸局、軽自動車検査協会とも、弁護士を通せば、現在の名義がどうなっているかは、照会は可能ですが、お金がかかりますし、回答をもらうまで時間がかかります

 この点、運輸局であれば、運輸局まで行かないといけませんが、車のナンバーと車台番がわかれば、名義がどうなっているか教えてもらえます

 一方、軽自動車検査協会は、車のナンバーと車台番号がわかっていても、現在の所有者でなければ、名義について開示してもらえません。ただし、旧所有者が、ちゃんと名義が自分から他人に移っているかを確認したい場合は、移っているかどうかという点だけは話で教えてくれます

弁護士コラム

こちらでは、弁護士のコラムをご紹介させていただきます。お時間のあるときに,お気軽にご覧いただけたら幸いです。


No. タイトル
1 租税の納期限
2 自動車の名義の調査




ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。