• HOME
  • 解決事例(法人)
  • 海外の輸入雑貨の卸・小売業者が円安により業績が悪化し債務総額5000万円で破産した事例

法人破産の例14 海外の輸入雑貨の卸・小売業者が円安により業績が悪化し債務総額5000万円で破産した事例

【業種】

雑貨の卸売り、小売り

 

【債権者数】

5社


【債務総額】

5000万円


 【経緯】

海外の輸入雑貨を仕入れ、卸す事業を行っていました。円安により仕入れ価格が高騰し、業績が悪化しました。これに売掛金の焦げ付きも重なり、資金繰りが悪化しました。金融機関への支払いが滞り、やむなく破産に至りました。

 

  【特徴】

法人破産の常ですが、代表者の方は一旦職を失い、再就職により収入を得られるようになるのかが、大きな課題です。本件では、職種は違いますが、かねてより代表者が好きだった分野への就職がかない、経済的にはまだまだ安定はしていませんが、生きていく気力が伴いました


破産手続上は、代表者個人の予納金の準備にかなり苦労しましたが、何とか代表者の方の努力により準備できました。後に形成された財産から、一部自由財産として返還していただきましたが、そのための手続きに代理人弁護士にご尽力頂きました。これにより、親の入院費が何とかまかなえました。

 

一時はどうなることかと思いましたので、裁判所、管財人の先生にも大変感謝しております。今後も厳しい状況が続きますが、自己責任の下、前向きに生きてまいります。

 

 

依頼書の声

a.PNG  
1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
失意の中、他人には知られたくもなく、人脈をたどれば該当する弁護士の方も居ったかわからんが、全く見ず知らずの先生に頼みたかった。所在地の位置環境、HPの印象などで決めた。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。
非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。
当該案件に集中していただいている印象を受けた。毎回訪れる度に女性スタッフのぬくもりある接客にも心を癒された。もし、同じ様なことで悩んでいる人が居たら、推す所存である。重ねて管財人の先生にも恵まれ、重ねて御礼申し上げます。

法人破産についてもっと詳しく知りたい方はこちら

法人破産について

法人破産手続きに対する

スタンス

法人破産のメリット

法人破産を

弁護士に相談するメリット

当事務所に依頼するメリット

法人破産をお考えの

中小企業の社長様へ



ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu

事務所概要

アクセスはこちら

アクセスマップ対応エリア