個人破産の事例㊳ 若干の飲食の浪費があったが、免責許可を得た個人破産の事例

年代 30代
性別 男性
家族構成 未婚
職業 会社員
負債総額 900万円
債権者数 8名
管財人の有無 あり
相談時の状況、相談のきっかけ
体調不良により、会社を休みがちになり、給与が減ったため、借金で補った。その後も体調不良で会社を休みがちになり、給与が減り、返済が苦しくなり、返済のための借金を繰り返し、債務が増大した。若干の飲食などの浪費もあった。安定した収入が望めず、返済に行き詰まり、別の法律事務所に依頼した。しかし、その事務所に辞任されたため相談に至った。

朝雲法律事務所を選んだ理由
弁護士費用、過去の実績、破産、倒産に詳しそうだったから

解決までの手順

一度別の法律事務所に依頼していたが、そこに辞任されたため、再び債権者からの請求が来ていた。依頼を受けた後、直ちに受任通知を送り、債権者の請求を止めた。

申立後、1ヶ月ほどで、管財人が選任されたが、費用はあらかじめ準備の手はずを整えており、速やかにおさめ、開始決定がされた。

開始決定後、2か月半ほど後に債権者集会が開かれたが、回収すべき財産もなく、免責が相当であるとの管財人の意見もいただいたため、終結した。

申立~免責決定まで3月半ほどだった。
 

弁護士が見た事案解決のポイント

1 前の弁護士が辞任した後の受任だったため、前の弁護士の受任から1年以上経過した後の申立になった。弁護士の受任後1年以上たつと、管財人が付く恐れが高いが、予めそれを予想し、管財人の費用(20万円)の準備の手はずを整えていたため、速やかに費用を納められた。

2 管財人から、多くの質問や資料の開示要求が来たが、一つ一つに丁寧に対応したため、管財人の業務に協力的という評価を得て、免責を得やすくなった。
 
 

依頼者の声  

kojinhasan38.jpg  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
・ホームページを拝見して印象が良かったこと、破産に強いということであったため
・費用が他の事務所より良心的であったため

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

・事務所の雰囲気がよい(事務の方も含めて)
・先生は朴とつとしたお人柄だが、とても優しく依頼者のことをよく考えて下さっていたと思う。とても感謝しています。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu

事務所概要

アクセスはこちら

アクセスマップ対応エリア