個人破産の事例㊻ 不利な事実も正直に報告して免責を得た個人破産の事例

年代 60代
性別 女性
家族構成 既婚
職業 会社員
負債総額 約330万円
債権者数 5名
管財人の有無 なし


相談時の状況、相談のきっかけ

 20年の間に、夫がたびたび失業、再就職を繰り返し、失業期間中の生活費、子供の養育料が不足した。夫が就職している間も、収入が安定しない時期があり、生活費が足りなかった。また、夫の仕事のため不可欠だった自動車のローンや、ガソリン代のカード払いのため、借金が増えた。

朝雲LOを選んだ理由

 場所・アクセスの良さ、破産・倒産に詳しそうだったから

解決までの手順 

 受任後直ちに受任通知を送付し、自転車操業だった生活が、元通りになった。

弁護士費用の積立のため、申立は数カ月後になった。管財人が付かなかったので、債権者の意見聴取期間を経て、申立から約3か月後に免責決定をもらえた。

 

弁護士が見た事案解決のポイント

 ① 弁護士が受任後、申立までの間に、ご依頼者が誤って勤務先から少額の借入をしてしまった。少額だったので、やむを得ず返済をしたうえ、申立をした。偏波弁済(特定の債権者への偏った返済)に当たるため、管財人が付くことが予想されたが、正直に報告したことが評価され、裁判所が、管財人を付けない判断をしてくれた。不利な事実も正直に報告してよい結果につながった好例である。
 
 

 

依頼者の声  

kojinhasan46.jpg  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
破産手続きを依頼するにあたり息子に相談したら朝雲法律事務所のホームページ等で対応していただけそうでした。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

朝雲先生やスタッフの方はていねいに説明・接客をしてもらい、不安に思っていたのが安心して依頼が出きて
良かったです。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu

事務所概要

アクセスはこちら

アクセスマップ対応エリア