• HOME
  • ドリームアークが自己破産申請

Chanko Dining若を運営するドリームアークが自己破産申請

元横綱の若乃花関(花田勝氏)が2007年7月設立したChanko Dining若の運営会社であるドリームアークが 2010年5月6日、東京地裁に自己破産を申請しました。一部の報道では自己破産申請時の負債総額は約4億4,700万円と言われています。
 
開業当初は年間、約16億円を売り上げていましたが、鍋料理のため夏は来客が減少するなど季節による売り上げの増減が大きく、来客数とともに徐々に売り上げも落ちていきました。

また、2009年11月には札幌店に勤務していた20代から40代の元従業員5名が、残業代未払いによる労働審判を申し立て、約1,550万円の請求をされており、経営状態の悪化が指摘されていました。

なお、花田氏は2008年に代表取締役を辞めており、経営にかかわっていないということです。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。