自己破産に強い弁護士

1.自己破産をお考えの方へ

 

自己破産を行うと

 

「仕事がクビになって、普通の生活は送れなくなる・・・」

「自己破産したことが知られ、周囲から冷たい目で見られる・・・」

「家族の進学・就職にも影響が出て、健全な家族生活に戻れない・・・」

「いくら借金がなくなっても、今後の再就職ができなくなる・・・」

 

このようなイメージをお持ちではないですか?

 

 

1-1.自己破産をお考えの方へ、朝雲弁護士からのメッセージです。

「自己破産」というと、その言葉の印象などからマイナスネガティブなイメージが強く、自分はもちろん、家族まで普通の社会生活を送れないようになってしまうのではないかと、考えている方が多いと思います。
 
しかし、実際には自己破産は借金の返済に困窮している人を救済し、人生を再スタートするために国が定めている救済制度なのです。そのため自己破産を利用された方にとって、必要以上の不利益が発生することがないように考慮されています。
 
確かに、日常生活に必要な財産と当面の生活費を除いて全ての財産を失うことになりますが、免責されればすべての借金の返済義務から解放されます。もちろんその後の収入は返済に充てる必要がありません。
 
自己破産を考えるにあたって、大切なことは“間違った認識を排除し、正しい知識を持つこと”です。そして相談者様の人生が再スタートすることです。自己破産は人生を再スタートさせるための選択肢の1つに過ぎません。自己破産をすることを目的にせず、どうすれば健全な生活の再建が実現できるのを考えることが大切です。
 
そのためには自己破産に関する正しい知識を持つことに加え、自己破産をすることによって何を得て、何を失ってしまうのか。自己破産のメリット・デメリットは何なのかを知ることが非常に大切です。
 
当事務所では、相談者様が持っている自己破産に関する誤ったイメージを払拭し、人生を再スタートさせる適切な手段のサポートをさせていただきます。自己破産にはメリット・デメリットがもちろんございます。相談者様だけではわからない場合は当事務所の無料相談をご活用ください。
 
相談者様と一緒に考え、悩み、人生の再スタートのお手伝いをさせていただければと思っています。

 

2.自己破産に関する考え方

「借金がなくなっても、今後の再就職ができないって本当?」

「仕事はクビになって、普通の生活は送れないんでしょ?」 

「自己破産したことが知られ、周囲から冷たい目で見られるのは嫌だ・・・」

「家族の進学や就職に影響が出て、健全な家族生活に戻れない・・・」

 

自己破産はこのようなマイナスのイメージばかり先行していますが、実際は間違った認識である場合がほとんどです。
 

2.自己破産は人生を再スタートさせることができる選択肢の1つ

自己破産は国が定めた“人生をやり直すための救済制度であり、裁判上の手続きの1つ”なのです。
1人で悩んでいる方にとって、弁護士に相談することはとても勇気のいることかもしれません。
しかし、勇気を出して相談することで借金問題は早期に解決することもありますし、何より心がとても楽になります。
 
自己破産は、借金を返済できなくなった場合に、人生を再スタートさせることができる選択肢の1つに過ぎません。
“自己破産をすること”が目的ではなく、借金をなくしその後の人生をスタートさせることが目的なのです。
 
自己破産した時のマイナスイメージばかり先行して、無理な返済を続けた場合、多額の借金の返済は家計に大きな影響を与えますし、将来の生活設計も立たなくなります。
破産することによるデメリットがあるのは事実ですが、メリットも大きいのです。

 

破産に対する誤ったイメージのために解決が遅れることのないように、本ホームページをご覧いただき、弁護士に相談していただいて、破産についての正しい認識を持って、一番いい解決方法を見出していただきたいと思います。

 
 
当事務所では、相談者様の借金の問題を解決するために、最適な手段を選択するサポート致します。もちろん自己破産だけが借金問題解決のための唯一の手段ではありません。相談者様と一緒に考え、悩み、そして人生の再スタートのお手伝いをさせていただければと思っています。

 

3.自己破産を防ぐために

「借金を整理するためには自己破産しかない」

とお考えの方でも、実際には自己破産以外の手段で借金の整理をすることが可能な場合があります。
 

3-1.自己破産以外の債務整理の方法

自己破産は債務整理(借金の整理)をする=人生を再スタートさせるための選択肢の1つです。
 
債務整理の方法には自己破産に加えて以下の方法がございます。
 

任意整理

債務の返済方法について債権者と交渉する方法 
>>詳しくはこちら

 

個人再生

裁判所に申し立てをして、債務の一部の免除を得る方法。住宅ローンを支払っているご自宅を維持することが可能な場合もあります。
>>詳しくはこちら

 

特定調停

裁判所を通して、債務の返済方法について債権者と交渉する方法。

 
どの手続きを選択することがベストであるかは相談者様自身で判断することは非常に難しい場合がほとんどです。

 

例えば、現状では債務の金額が大きく破産が避けられないように思えても、長い間借入をしている債権者が多く、その債権者から高い利息で借入をしていた場合は、低い法定利息で計算し直した場合、現状より債務の金額が減り、破産が避けられる場合があります。

また、破産を避けて、任意整理や個人再生ができるかどうかは、家計の状況にもよります。

「破産」、「任意整理」、「個人再生」、「特定調停」には、それぞれメリット、デメリットがあり、いろいろな方面から検討したうえで、どの手続きをとるか選ぶ必要があります。現状の債務状況や相談者様の考えを考慮して、各種の方法の中から最適な手続きを選択するためには、弁護士を始めとする専門家に相談されることをお勧めいたします。

 
当事務所では、相談者様が持っている自己破産をはじめ、債務整理に関する誤ったイメージを払拭し、人生を再スタートさせる適切な手段のサポートするために「無料相談」を実施しています。
 
相談者様だけでは適切な債務整理の方法わからない場合は当事務所の無料相談をご活用ください。
 
相談者様と一緒に考え、悩み、人生の再スタートのお手伝いをさせていただければと思っています。
 
 

関連ページも是非ご覧ください。