• HOME
  • 解決事例(個人)
  • 大半が浪費による借金だったが、精神疾患が原因として管財人が付かなかった事例

自己破産の事例㊽ 大半が浪費による借金だったが、

精神疾患が原因として管財人が付かなかった事例

年代 40代
性別 男性
家族構成 未婚
職業 無職
負債総額 約150万円
債権者数 3名
管財人の有無 なし

 

相談時の状況、相談のきっかけ

 浪費をして借金をし、親族による返済をするということを繰り返していたが、これ以上同じことを繰り返さないために破産を決意

朝雲法律事務所を選んだ理由

 破産、倒産に詳しそうだったから

解決までの手順

 受任通知を債権者に送り、請求は止まりました。
 精神疾患のため、打合せには親に付き添ってもらいました。
 

弁護士が見た事案解決のポイント

 裁判所が管財人を付ける動機の一つに、申立人の代理人である弁護士による一方的な言い分のみを持って免責決定をしてよいのかという考えがある。

 今回は、多額の浪費があったにもかかわらず、以下の点から、裁判所から申立書が客観的かつ中立的に作成されていると評価され、管財人を付けずに、申立代理人作成の書面だけを根拠に免除の決定を得られた。

 申立人に有利なことに偏った申立書を提出すると、管財人による調査により不利な点も明らかにされ、偏った申立書であることが不利な事情となることも多く注意が必要である。
 
 ① かかりつけ医から、病状、浪費と精神疾患との関連性が否定できないという詳しい診断書を書いてもらった。このような専門家による客観的な意見を根拠に、浪費が精神疾患を原因とするものである点を裁判所に判断してもらった。

 ② 現在残っている借金(150万円)よりかなり多い額の浪費を行い、その返済を家族が行ったこと、これまでの浪費の額と内容にについて、債権者から取り付けた明細である程度明らかになり(浪費の総額が約800万円であることなど)、それを隠さず裁判所に報告し、代理人弁護士作成による申立書の内容は、申立人側に偏った記載でなく、不利な事実も含めて客観的に作成していると評価された。

 ③破産に至る経緯を書いた文書の中で、これまでの家族の苦労を織り交ぜて記載し、裁判官に理解してもらった。
 
 

依頼者の声  

kojinhasan48.jpg  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
インターネットで調べたが、内容も分かりやすく、文面からも親身になって相談に乗ってくれそうな気がした。そして、何より他より料金も安かったので、良心的だと感じた。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

一つ一つていねいに時間をかけて、進めていただいたので、不安なくついていけた。

※思いもよらず簡単に終わってホッとしました。ありがとうございました。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu