• HOME
  • 解決事例(個人)
  • 資産として相続した山林があったが、価値がないことを説明し、管財人が付かず、管財人の費用を出さずに済んだ事例

個人破産の事例51 資産として相続した山林があったが、価値がないことを説明し、

管財人が付かず、管財人の費用を出さずに済んだ事例

年代 50代
性別 男性
家族構成 既婚(子どもなし)
職業 会社員
負債総額 約800万円
債権者数 14名
管財人の有無 なし
 

相談時の状況、相談のきっかけ

 生活費としての借入や物品購入で徐々に借金が増えていった。また無職の期間もあり、さらに借金が増え、返済が困難になった。

朝雲法律事務所を選んだ理由

 紹介
 

解決までの手順

 受任後、ただちに、各債権者に、弁護士が介入したことの通知を送り、債権者からご依頼者への直接の請求が止まり、借りては返しのサイクルから抜け出せ、通常の生活に戻れた。

 遺産の土地があったため、管財人が付くことも予想され、その場合管財費用が20万円必要となる。これを申立から4ヶ月以内に準備しないと却下されるが、月々の収入から2万~3万円程度の積立が精いっぱいで、4か月以内の準備が難しかったので、申立前に10万円貯めて、管財人がついても、残り10万円を4か月以内に積み立てられるめどを立ててから、申し立てた。
 

弁護士が見た事案解決のポイント

 # 申立から4か月以内の管財人費用20万円の準備ができずに却下される恐れを避けるため、10万円を貯めてから、申立を行った点。

 # 管財人が付く主な理由が相続した土地であったが、山林でほぼ価値がないものだった。そのため、固定資産評価で数万円の評価しかされておらず、課税対象にもなっていない点を指摘したほか、不動産のある自治体の固定資産税課に電話をし、当該土地の固定資産評価が●円になっている具体的計算根拠や、その地域の山林に主に生えている木は杉が多く、ヒノキ等の価値のある木が少ないことなどを書いた書面を追加で裁判所に提出し、結局管財人が付かなかった。このため、破産にかかる費用が20万円低くて済んだ。
 

 

依頼者の声  

kojinhasan51.jpg  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
債務相談に行って紹介された

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

希望にもそった対応をしていただけた。

返信が遅くなり申し訳ありません。ありがとうございました。



ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu