事業者破産の例4 浪費があったが正直に申告し、無事免責がおりた事業者の破産の事例


依頼者プロフィール

female.PNG  

年代 40代
性別 男性
家族構成 独身
職業 自営業(機器の施工)
債務総額 約540万円
債権者数 8
管財人選任の有無 あり

 

相談時の状況、相談のきっかけ

 趣味の釣りや自動車などにお金をかけ、借金が膨らんだ。また、会社を辞め独立したが、徐々に売上が下がり、生活費や他の債務返済のための借入も増えていき、返済が困難になった。
 

朝雲法律事務所を選んだ理由

破産・倒産に詳しそうだったから。
 

解決までの手順

受任後直ちに受任通知を送り、債権者からの請求は止まりました。

受任から3か月半後に申立

事業者だったため管財人が選任された

その後、ご依頼者が管財人の事務所に行き、事案内容などについて聴き取りされた。

管財人がついたため、郵便物が管財人に事務所に送られるので、取りに行かないといけなかった

申立から3か月後に第一回債権者集会が行われ、大きな問題がなく、財産もなかったので、破産が廃止(配当がなく終了すること)となった。

同時に無事免責が下りた

 

弁護士が見た事案解決のポイント

① 自営業者で、管財人が付くことがほぼ確実だったので、申立前に管財費用≪予測で20万円)を準備していたので、管財人選任後すぐに費用の支払いをし、手続開始の決定がスムースにされた点。

② スマホゲームや趣味による出費などの浪費は、最初の申立の段階で、すべて正直に申告し、裁判所の信頼を得た点。

 

依頼者の声  

jigyosyahasan4.jpg  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
ホームページにて事例を見て。


2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。
非常に良かった

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

相談時間などもお忙しい中じゅうぶんにとっていただきすごく安心して依頼できました。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu