• HOME
  • 解決事例(個人)
  • 給与が比較的少ないため、支払期間が原則3年のところ、5年間への延長を認めていただいた事例

給与が比較的少なく、支払期間が原則3年のところ5年間への延長が認められた事例

年代 40歳代

性別 女性

家族構成 既婚

職業 会社員

負債総額  約320万円

債権者数  11 

再生計画案の内容

① 支払総額 100万円

② 免除率 約71%

③ 再生計画案に基づく支払い年数 5年

④ 再生計画案に基づく月当たりの支払額 約1万6000円

⑤ 住宅ローン特別条項の有無:なし

⑥ コメント

 

個人再生の支払期間は原則3年で、特別な事情があれば、最長5年までの延長が認められる。ご依頼者の給与がそれほど多くないうえ、ご主人も奨学金の返済があったため5年に延長する特別の事情が認められた。

小規模個人再生・給与所得者個人再生の別 小規模個人再生

個人生成委員選任の有無  なし

個人再生を選んだ理由 

できるだけ返済したいという意思があったため。

 

相談時の状況、相談のきっかけ

体調不良であまり仕事に行けず給与が減った際に、生活費として借入をした。また、洋服などの購入でもクレジットカードを使用していた。

 

朝雲LOを選んだ理由

場所、アクセスの良さ・破産、倒産に詳しそうだったから

 

解決までの手順

① 受任後債権者に早急に通知を発送し、請求を止めて、平穏な生活を取り戻せた。

② 家計表を早くから付けていただき、家計の全体像を把握し、何年かの支払にするかの検討を行った。

 

弁護士が見た事案解決のポイント

① ご主人が家計の支払いの一部(食費、外食費、電気、電話、被服費など)をカード払いにしていた。

申立をしたご本人は、弁護士に受任した時点でカードの使用もできなくなるが、ご家族がカード払いを続けているケースはよくある。このカード払いがあると、家計の全体像が見えにくくなる。

それは以下の理由によるものである

ア リボ払いを選択していた場合、その月にカードでいくら購入しても、その月のカードの返済額はリボ払いで決めた額になる。すると、カードで多額の買い物をしていても、家計表における支出に書かれるのは、リボによる返済額になる。この場合、表面上、支出額は低く見えても、実際にはカードでもっと多くの買い物をしているのである。しかし、その多額の買い物が家計表の支出の額に反映されない。

イ 支出を、カードの返済としてひとまとめにして書いてしまうと、カードで何を買ったかの内訳までは家計表では出てこないので、どの項目(例えば、食費であるとか、被服費であるとかいう項目)にいくら使ったかの家計の全体像が見えにくくなる。

そこで、本件では、ご主人のカードの明細をご持参頂き、すべてが翌月又はボーナス一括であることを確認し、上記のアの心配がないことを確認した。

また、上記のイの弊害をなくすため、カードの返済額を、支出項目ごとに分けてもらい、家計表に、現金払いの欄とカード払いの欄を作って、記載した(例えば、食費の欄は、現金で●円、カードの返済で〇円など)。

 

依頼書の声

個人再生アンケート17.JPG  
1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
弁護士ドットコムで検索し、アクセスが良いこと、債務整理に強そうなこと、話をしやすそうなことがポイントとなりました。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。
良かった

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。
電話での問い合わせにも丁寧に対応してくださり感謝しています。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu