離婚した40代の男性が親元を離れ子を引き取り借金をするにいたり管財人をつけず破産できた事案

依頼者プロフィール

年代 40歳代
性別 男
職業 会社員(運送業)
 
 

相談時の状況、相談のきっかけ

離婚して、子供を引き取っていましたが、事情により、当初同居していた親元から離れることになり、生活費が足りなくなり、借金せざるを得ませんでした。

心労のため、仕事を休んだりしたため、収入が減り、債務の返済が困難になりました。

 

解決までの手順

受任後直ちに、受任通知を債権者に送付したので、請求が止まりました。

その後、依頼者の方の生活状況の変化があったため、申立の準備に時間を要しましたが、1年以内に申し立てを完了させました。申立後は、管財人の選任もなく、無事免責がおりました。

 

 

弁護士が見た事案解決のポイント

買い物があったので、免責不許可事由とみられる恐れもありましたが、引越の際の家電製品で、生活必需品だったので、浪費でないことを申立書で強調しました。

 

免責不許可の恐れはほとんどありませんでしたが、予納金を貯める余裕があまりなかったので、管財人が付かないように腐心しましたが、無事管財人は付けなくてよいとの判断でした。
 

依頼者の声  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
ホームページを見て、破産を専門的にされていて、弁護士費用も他より控え目だったので、依頼させて頂きました。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

普通

 

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

私が精神的にも経済的にも困っていて、予納金や弁護士費用の入金ができていなかったが、先生が最良の方法を見つけて頂いたので本当に助かりました。