個人破産で管財人がつき、夫に破産申立て目に財産換価して予納金が準備できた事案

60代女性
既婚
子供はいない

 

夫の退職に伴い収入が減り、借金が増えました。
バッグの購入など浪費があったので管財人が付き、予納金23万円がかかりました。
夫も同時に破産を申し立て、夫が所有していた高額の自動車はいずれにしろ換価して配当しなければならなかったため、その自動車を破産申立前に売却して予納金を準備し、別途23万円を用立てる必要はありませんでした。