【解決事例1】既婚子持ちの男性がギャンブルで個人再生した事例

個人再生の事例①

30歳代
男性
会社員
既婚、子供あり
生活費、ギャンブル等で借金
支払期間4年
取引履歴の一部を開示しない債権者がいたため、債権届出に対する異議を申し立て、その後債権者と話し合い、債権額の減額に成功した

個人再生に関する流れや個人再生の適用範囲など詳しい説明はコチラをご覧ください>>