ローンで購入した住居(ローンは支払中)を持ち続けたまま、個人再生は可能でしょうか?

住居(戸建、マンション)を住宅ローンで購入した場合、破産をすると、住宅ローンも債務のうちですから、免責(債務の免除)の対象となり、支払う必要はなくなりますが、住居は担保に入っているので、競売にかかり、手放さないといけません。

 

再生は、一定の条件を満たした場合、住宅ローンのみ債務カットせず、そのまま払い続けることができ、その結果住宅を手元に残すことができます。

 

住宅資金特別条項付個人再生とは

このように、住宅ローンだけ債務カットせずに支払いを続けて住宅を手元に残す方法を、住宅資金特別条項付個人再生、といいます。

 

破産の場合、必ず住宅は手放さなければいけないので、大きなメリットです。

 

従って、借金の返済に困ってはいるが、個人再生により一般の債権をカットしてもらえば、住宅ローンを払い続ける余力がある場合は、住宅資金特別条項付個人再生を検討すべきです。

 

 

個人再生に関するよくあるご質問・関連ページは下記をご覧ください