個人再生は、免責不許可事由がある人でも裁判所の許可をもらえますか?

破産の場合、免責(債務の免除)をもらうには、裁判官の許可が必要です。

免責がもらえるかは、裁判官の裁量が大きいのですが、法律上免責不許可事由というものが定められており、これらに該当すると、免責が出ないこともあり得ます。

 

免責不許可事由は、例えば、パチンコなどギャンブルで借金ができた、必要のないものをローン購入し現金化したなど、その他さまざまです。

 

しかし、免責不許可事由があり破産の免責がもらえない人でも、個人再生であれば、許可がもらえます


従って、免責がもらえない可能性がある人は、免責をもらえない危険を避けるため、最初から個人再生にする、ということでもいいと思います。
 
 
 

個人再生に関するよくあるご質問・関連ページは下記をご覧ください