個人再生後には就業する職業に制限はありますか?

生命保険の外交員、損害保険の代理店、警備員などは、破産をするといったん止めないといけないと聞きましたが、個人再生ではどうなのでしょうか。

 

破産をすると、そのことにより、つけない職業、使えなくなる資格があります
 
免責がもらえれば、制限が取れますが、破産をしてから免責が出るまでの間は、数か月あり、その間は、これらの職業に就くのは無理です。
 
つけない職業には、例えば、生命保険の外務員、損害保険の代理店、警備員などがあります。
使えない資格には、例えば、宅建の資格などがあります。

従って、現時点で、そのような職業についている人、そのような資格を使って仕事をしている人は、破産が事実上できません。
 
 
しかし、個人再生の場合、このような職業に就けない、資格が使えない、ということはありません
 

従って、現時点で、そのような職業について働いている人、そのような資格を使って働いている人は、個人再生をすることにより、借金の整理ができます。

 

個人再生に関するよくあるご質問・関連ページは下記をご覧ください