債権者集会を3度開いて周囲の納得を得ながら法人破産できた事例

業種

福岡県内の建設業

 

スケジュール

 平成■年8月申立
 翌平成■年9月破産手続開始決定
 同年1月 第1回債権者集会
 同年3月 第2回債権者集会
 同年7月 第3回債権者集会

 同月 破産手続終結決定

 

債務総額

 8000万円

 

経緯
  破産手続は初めてで、わからないこと、不安なことが多かったのですが、メールで弁護士に質問をして、スムースに回答してもらえたので、安心できました。
 
 買掛金等もありましたが、弁護士が代理人として破産申立をして、公平な形で清算するということを債権者に通知し、あまり大きな混乱はありませんでした。ある程度の資産がありましたが、破産手続をしたため、債権者の皆様に公平に配当でき、公正さが保てました。
 
  倉庫に残った材料などの扱いも、破産手続をしており、材料の処分や倉庫の明渡について管財人に任せればよかったので、安心でした。生命保険の解約も管財人にしていただき、管財人にお任せしたことで保険金の受領やその後の配当が公正にでき、債権者の皆様の納得も得られたと思います。
 
 未回収だった売掛金も弁護士のアドバイスで無事回収できたうえ、公平に配当できました。
 
  代表者もあわせて破産しましたが、弁護士に依頼して手続きの面はある程度安心して臨めましたので、就職活動にも専念でき無事再就職できました。