小売業が弁護士を代理人として破産申立てし、債権者対応も混乱なく、預金の差押さえも免除された事例

業種

 福岡県内の小売業
 

スケジュール

 
  平成■年5月申立
  同月 管財人、裁判所との3者面談
  同月 破産手続開始決定
  同年8月 第1回債権者集会
  同月 破産手続廃止決定
 

債務総額

 5000万円

 

経緯

十数年前に起業し、健康器具の販売をしておりました。
 
バブル時代の好景気にも支えられ、当初経過は順調でした。 リーマンショックで売り上げが落ち、個人資産を会社に入れて何とか営業をしていましたが、東日本大震災でさらに売り上げが落ち、長年積み上げてきた事業を断腸の思いで断念し、破産に踏み切りました。
 
 破産してよかったのは、債権者に対する対応が破産による手続きをとったため、あまり混乱がなく、また、弁護士が窓口で、代表者が直接対応しなくてよかったことで
 
 また、破産前に預金の差し押さえ等があり、生活に窮したこともありましたが、破産の手続きを始めてからは、差押がなくなったことです
 
 代表者は、無事就職でき、給与を得られるようになりましたが、破産手続を弁護士に任せていたので、就職活動に専念できました。破産をしたので、就職先からの給与を差し押さえられることもなく、安心して新生活に入れました。

 

依頼者の声  

 

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
Netにて


2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。
非常に良かった