養育費や親の介護による借金、転職による減収で1000万円超の債務について免責がおりた事例

依頼者プロフィール

40歳代男性
既婚・子供2人
 

解決までの手順とポイント

子供の教育費や、親の介護のための帰省などにお金がかかり、借金が増えたうえ、転職に伴い収入が減少し、返済が苦しくなりました。

 

債務の合計が1000万円を超え、毎月の返済がかなり多くなり、毎日憂鬱でたまりませんでした。

 

個人破産の事例で、住宅ローンのないケースで、1000万円超の債務は平均よりかなり多く、免責が無事おりるか心配でした。

 

しかし、特にギャンブル、浪費があったわけではなく、弁護士に1000万円超まで債務が膨れ上がったやむを得ない事情を丁寧に書いてもらったおかげで、裁判官にも債務が多い理由を納得していただき、無事免責がおりました。

 

依頼者の声  

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
ホームページを見てお世話になろうと思いました。


2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。
良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

たいへん親切でわかりやすく説明していただき不安だった私もなんとかがんばってやっていけそうです。ありがとうございました。