30代専業主婦が裁判所からの補正の指示に対して弁護士の適切な対応により免責がおりた事例

依頼者プロフィール

30歳代女性

専業主婦

 

解決までの手順とポイント

生活費や、収入減のため、債務が増え、やむを得ず破産を選択しました。

 

自動車ローンがあり、保証人が付いていましたが、保証人に債務を移すように交渉をしてもらい、無事、自動車を保証人が維持できることになりました。
 
申立後、裁判所から、様々な補正の指示が来ましたが、弁護士が丁寧に回答したため、裁判所の信頼も失わず、無事免責がおりました。
 
 

依頼者の声

   

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
ホームページを見て、場所が近く、相談したい内容に詳しそうであったため


2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。
良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

とてもていねいに相談していただき感謝しています。説明もわかりやすかったです。本当にありがとうございました。