30代男性が生活費に困り借入れをした件で免責不許可もあったため個人再生を選んだ事案

依頼者プロフィール

・年代 30歳代
・性別 男
・職業 会社員(サービス業)
・債務総額 600万円
・債権者数 7
 

相談時の状況、相談のきっかけ

会社員として一人暮らしをしており、どうしても生活費が足りないので、借入を始めました。投資、賭け事に伴う借金もありました。
 

朝雲法律事務所を選んだ理由

アクセスのよさ、過去の実績

解決までの手順

少しでも払って債権者にかける迷惑を軽減したいという思いがあり、免責不許可事由もあったので、個人再生を選びました。

 

申立時は両親と同居していましたが、転勤に伴い、また一人暮らしになっても支払が継続できるように、家計表、予測家計表の中身を慎重に検討し、支払計画をたてました。

 

裁判所の認可決定の確定日の翌月からの支払となりますが、確定日を事務所で調査し、支払い開始月を依頼者に伝えました。また、当事務所では、債権者ごとの支払口座も調査し依頼者に伝えるようにしており、今回もそのようにしました。このようにして、各債権者への支払いがスムースに始められるよう配慮しました。

 

弁護士が見た事案解決のポイント

裁判所から家計表を毎月出すように言われたため、電話代の領収証を添付してきっちり出した。

また、個人再生の場合、支払予定の月額と同額を口座に積み立てないといけませんが(試験的積立)、この積立もきっちり行いました。このため、今後の支払は問題ないと裁判所に判断してもらえ、特に大きな支障はなく、裁判所から認可決定をもらえました。


また、ご家族にあまりご心配をかけたくないとのご希望があったので、手続きを取っていることを極力知られないように、資料等の受け渡しは、事務所に来ていただき、法律事務所からの郵便物とはわかりにくいように郵送するなどして、配慮しました。

 

依頼者の声  

 

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
今回の相談内容の案件と同じ様な解決事例を見てご相談しました。

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

わからない事を丁寧に教えて頂き、対応についても、すぐに対応して頂き感謝しております。ありがとうございました。

個人再生に関する流れや個人再生の適用範囲など詳しい説明はコチラをご覧ください>>