事前に家計表を付けるなどして、個人再生だと支払いが困難と判断して破産を選択して免責許可を得た事例

・ 年代 50代
・ 性別 女性
・ 家族構成 既婚
・ 職業 会社員
・ 負債総額 約270万円
・ 債権者数 3名
・ 管財人の有無 あり
 

相談時の状況、相談のきっかけ

勤務先での売上成績のためにローンで商品を購入し、徐々に債務が増えていった。また、子どもの学費などで出費が増え、それを補うためにさらに債務が増えた。
 
 

朝雲法律事務所を選んだ理由

場所・アクセスの良さ、知人の紹介
 

 

解決までの手順

受任後、ただちに、各債権者に、弁護士が介入したことの通知を送り、債権者からご依頼者への直接の請求が止まり、通常の生活に戻れた。
 
破産の費用の積み立て、破産か個人再生かの判断のために家計表を付けるなどしたうえ破産にすることにして、申立した。
その後管財人はついたものの、大きな問題は指摘されず、申立から約2か月後に債権者集会が行われた後、無事免責をいただけた。
 
 

弁護士から見た解決のポイント

①ご依頼者は、当初個人再生を希望していた。借りたものは少しでも返したいという思いからであった。
 
 
しかし、収入面から不安があったため、当事務所に依頼後、家計表を付けた。
その結果、個人再生の支払いをしていくのが資金的に難しいという判断に至り、破産に方針を切り替えた。
 
 
この点の検討をおろそかにすると、個人再生を申し立てた後に、試験的積み立て(個人再生において支払いが予定されている月額を毎月積み立てて、裁判所に報告するもの)ができなかったり、裁判所や再生委員から支払いが困難ではないか指摘されて、認可決定をもらえないことになる。
 
 
すると、個人再生事件が途中で廃止され、再度破産の申し立てをしないといけないことになるが、最初個人再生をしてかけた時間や費用が無駄になり、再度破産のための準備期間や費用をかけることになる。
今回は、早めに家計表を付けて、ご依頼者にとってどの手続きが一番良いか検討して、正しい選択ができた。
 
 

お客様の声