免責不許可事由があったが、管財人が付かなかった事例

・ 年代 30代
・ 性別 女性
・ 家族構成 未婚
・ 職業 会社員
・ 負債総額 約620万円
・ 債権者数 5名
・ 管財人の有無 なし
 

相談時の状況、相談のきっかけ

子ども二人を育てるため、生活費として借り入れを始めた。仕事のスキルアップのためにセミナーを受講するなどして出費が嵩んだ。
体調を崩し、思うように仕事が出来なくなり、さらに借入が膨らんでいった。
 

朝雲法律事務所を選んだ理由

弁護士費用、過去の実績、破産・倒産に詳しそうだったから
 

解決までの手順

受任後、ただちに、各債権者に、弁護士が介入したことの通知を送り、債権者からご依頼者への直接の請求が止まり、通常の生活に戻れた。
 
ギャンブルがあったので管財人が付く恐れがあった。
受任後、ご依頼者が生活保護の申請をして、許可が出た。
生活保護受給者は、法テラスが管財費用を出してくれるため、生活保護の許可が出るのを待って、申立をした。
 
結局管財人は付かず、申し立ててから10日くらい後に、破産開始決定同時廃止決定が出た。
その後、債権者の意見を聞く期間が設けられ、特に意見がなかったため、開始決定後2ヶ月ほど後に無事に免責許可決定が出た。
 

弁護士から見た解決のポイント

① ギャンブルがあったので、管財人が付く恐れがあった。
生活保護受給者は法テラスで管財人の費用を出してもらえるので、その予定にしていた。
結局管財人は付かなかった。
 
② シングルマザーで、生活保護受給者だったので、生活が大変だったことが認められたためか、ギャンブルがあったが、管財人が付かなかった。
 

お客様の声