共同相続人の協力が得られず、相続財産の換価が困難だったが、無事破産が終結した事例

依頼者プロフィール

・年代 50代
・性別 男性
・家族構成 既婚
・職業 会社員
・負債総額 約930万円
・債権者数 6名
・管財人の有無 あり

 

相談時の状況、相談のきっかけ

子どもの学費や生活費などで借金が膨らんだ。また、妻が買った着物等もあり、借金が増えた。

 

解決までの手順

受任後、ただちに、各債権者に、弁護士が介入したことの通知を送り、債権者からご依頼者への直接の請求が止まり、通常の生活に戻れた。

 

その後、破産費用を積み立てて申し立てをした。
遺産分割未了の相続財産があり、管財人がついた。
共同相続人が非協力的で、相続財産の間かが難航した。

 

このため、債権者集会が何度か繰り返された。
結局、相続財産の間かが現実的に不可能であるという判断となり、破産事件が終結した。

 

弁護士から見た解決のポイント

① 本件は、ご依頼者のお父さんが亡くなっていたが、お父さんが不動産を残されており、それが遺産分割未了のままであった。

このような場合、共同相続人であるきょうだいなどが、協力的であれば、可能であれば、不動産を売却して、ご依頼者の法定相続分を受けており、債権者に配当する、あるいは、不動産が必要であれば、共同相続人がお金を出してご依頼者の法定相続分を買い取り、そのお金を債権者に配当するの等が考えられる。

 

しかし、本件では、共同相続人のきょうだいが非協力的で、相続不動産を売る、法定相続分を買い取るなどのことが取れなかった。結局、ご依頼者がいくらかのお金を管財人に積み立て、相続財産は破産財団(債権者への配当原資となる財産)から放棄していただき、無事破産手続きが終了した。

 

依頼者の声

 

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。

ホームページを見て。

 

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

真剣に向き合って下さっていると感じました。時間をかけて話を聞いて頂けました。

丁寧に納得できるまで説明して頂きました。