和解後の利息を請求する債権者へ支払回数2回で先行して支払をして、和解後の利息を取られることを避けた事例

依頼者プロフィール

・ 年代 30代
・ 性別 男性
・ 家族構成 未婚
・ 職業 自営業
・ 負債総額 約600万
・ 債権者数 7
 

任意整理の結果

負債総額 600万円
支払期間 5年間
支払月額 12万4千円
和解後の利息 免除
 

任意整理にした理由 

知人からの借入もあったことから、返済したかったので。 
 

相談時の状況、相談のきっかけ

自営業をしており、その事業資金や生活費で借入が膨らんだ
 

朝雲法律事務所を選んだ理由

その他
 

解決までの手順  

① 受任後直ちに受任通知を債権者に送付し、債権者からご依頼者への請求、連絡を止めた。
② 弁護士費用の支払と、債権者への支払が重なると、支払が大変なので、弁護士費用の支払の間、債権者に待ってもらい、弁護士費用の支払いが終わるころに、債権者への支払いを開始する内容の和解の交渉をした。
③ 借りて間もないので和解後の利息を払えという債権者がいたので、債権額が少なかったこともあり、この債権者のみ先行して支払回数2回で完済。
④ 他の債権者との和解し、弁護士費用の支払い、先行して支払回数2回で和解した債権者への支払いが完了後に支払いを開始。
 

弁護士が見た事案解決のポイント

① 借りて間もない債権者が1社あり、和解後の利息も請求されたので、この債権者のみ先行して支払回数2回で返済し、和解後の利息を取られないようにした。 
② 弁護士費用と、先行して支払回数2回で返済した債権者への返済が終了してから、他の債権者への支払い開始をしようとしたため、他の債権者の支払い開始時期が遅れ、それに不満を示す債権者がいたので、初回、2回目の金額を下げたうえで、支払い開始を早くして和解した。先行して支払回数2回で和解した債権者への支払と、支払期間が重なったものの、初回、2回目の金額を下げたので、支払ができた。

 

お客様の声