40代子有りの男性会社員が月々の返済額が大きいながら個人再生で自宅不動産を維持した事例

依頼者プロフィール

・40代男性

・既婚 子供あり

・会社員

 

解決までの手順とポイント

居住中の自宅不動産を維持したいため、破産をせず、個人再生を選択しました。

 

債務総額が1000万円もあり、支払総額が200万円となったため、月々の支払額が多くなり、再生が認められるか不安もありましたが、日々の生活費を節約してやりくりすることを、予測家計表を提出して、裁判官に理解していただき、さらに、支払期間を5年に延長して、何とか、認可が得られる見込みとなりました。

 

支払いができるか、ぎりぎりの事案でしたが、自動車税、市県民税、固定資産税などの出費も弁護士の指示で、年額を12か月で割った平均を予測家計表に載せ、出費をなるべく正確に予測し、現実的かつ履行が可能な計画を建てられたのがよかったと思います

 

依頼者の声  

 

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。
経済的に追い込まれ解決の糸口すら見出せず毎日思い悩んでいた所、貴事務所のホームページを発見し的を射た説明(再生や破産について)をされ、解決の方向性を示してある様に思い、又、出身校も地元の学校という事でご相談させて頂き納得したので依頼させて頂きました。

 

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

静かに淡々と業務の遂行や、質問への指針を示して頂き、大変好感触を持ちました。