過払金が時効になる前に受任し、過払い金と残債務を相殺できた過払金の事例

依頼者プロフィール

・年代 50歳代
・性別 女性
・家族構成 既婚
・職業 パート
・債権者数 2社(但し、借入後合併により1社となっていた)
・弁護士受任前の負債総額 55万円
・弁護士受任後の負債総額  0円
・回収した過払い金額 52万円
 

相談時の状況、相談のきっかけ

生活のため借金をしたが、返済に困るようになったので、任意整理を弁護士に依頼した。その弁護士が死亡し、長期間放置されていたため、当事務所に依頼した。
 

朝雲法律事務所を選んだ理由

以前、親族がお世話になったので
 

解決までの手順

以前の弁護士が死亡後、長期にわたり放置されていたので、手続きを急いで行った。
 
債権者に受任通知を送り、利息制限法で引きなおしたところ、1社は、過払いであり、1社は、債務が55万円であったものが、17万円に減額となった。この2社は合併していたので、過払い金と、残債務が残っている17万円とを相殺して、過払い金回収の交渉をした。
 

弁護士が見た事案解決のポイント

以前の弁護士が死亡し、長期間放置され、未解決になり、依頼者も不安な日々を過ごしていた。過払い時効前に当事務所が受任し、過払いと残債務を相殺し、52万円を取り戻して解決し、依頼者も安心できた点がよかったです。
 

依頼者の声  

 

1.なぜ当事務所にご依頼いただけたのか理由をお教えください。

以前家族がお世話になった時に誠実に対応していただいた為。

 

2.当事務所のサービスや接客についてのご感想をお聞かせください。

非常に良かった

 

3.当事務所のサービスや接客について感じたことご記入下さい。

先生からの説明も分かりやすく、安心して依頼できました。相談するまではどうしたら良いのか?とても不安でなかなか相談する事にふん切りがつかなかったが、心より感謝しています。ありがとうございました。